先輩社員の声 : 望月 研吾

 

グループの価値の創造に貢献できていると感じられるときに大きなやりがいを感じる

管理本部 正社員 望月 研吾

取締役・管理本部担当

Profile

銀行員時代に抱いていたアクタガワへの強い憧れの気持ちから転職することを決意

前職で銀行に勤めており、その際アクタガワの担当をしていました。銀行員としてアクタガワことを知っていく中で、財務面の堅調さや成長性に魅力を感じ、また他の介護事業者にはない戦略的な事業展開に感銘を受けました。そして何より、その時から経営理念に深く共感をしていました。その後、転勤もあり、担当を離れて数年が経過したある時、自身のキャリアを見つめ直す機会が訪れました。その際、当時から抱いていたアクタガワへの強い憧れの気持ちが蘇り、転職することを決意しました。

 

現在、管理本部長として、人財開発グループと総務グループを統括管理しています。人事面では、採用戦略の立案や人事制度の設計等を行い、総務面では、業務効率化や経費削減の検討等を行っています。経営上の重要な資源の内の「ヒト」と「モノ」を担う部署としての重責を感じながら、業務に取組んでいます。

 

グループの価値の創造に貢献できていると感じられるときに大きなやりがいを感じる

私自身、アクタガワホールディングスグループの経営理念に深く共感しています。そして、自身の仕事が全て経営理念の実現に繋がっていると思い仕事に取組むことが出来ているため、全ての仕事にやりがいを感じながら仕事をしています。中でも、グループの新しい価値の創造に貢献できていると感じられるとき、例えば新規事業や既存事業のブラッシュアップ等、創造的で難しい課題に挑戦しクリア出来たときには、大きなやりがいを感じられます。

 

アクタガワホールディングスグループは、理念として「人間の生きがいの追究」を掲げており、社員の自由で自律的な働き方を支援し、社員の働きがいと会社の成長の両方を実現しようとしています。グループの理念に共感し、その実現に向けて一緒にチャレンジしたいという方の積極的な応募をお待ちしております。