先輩社員の声 : 東海林 さおり

 

現場の看護師がイキイキと働いているのを見ることが仕事のやりがい。

スーパーバイザーグループ 正社員 東海林 さおり

看護業務のスーパーバイザー

Profile

管理職としてキャリアアップができる会社

私は前職で病院の看護師長として現場の看護師を統括する立場で働いていました。それはそれでやりがいのある仕事でしたが、病院とは別の組織で働き管理職としての実力を磨きたいと常々考えていました。そんな時にアクタガワのスーパーバイザーの求人を見つけました。スーパーバイザーの仕事は社内にいる看護師に会社の方針を伝え、看護師としての仕事の方向性を示すことです。そのために、まず自分が会社の方針をしっかり理解すること、そのうえで自分の言葉で説得力を持って説明することが必要です。今の自分にはまだまだ欠けている部分ですが、これができるようになれば自分にとってのキャリアアップになると思い、応募を決意しました。

 

現場の看護師がイキイキと働いているのを見ることが仕事のやりがい

スーパーバイザーの仕事のやりがいは2つあります。1つ目は会社の方針(ビジョンや目標)を達成するために現場の看護師と一緒になって考えて、それが1つのカタチになること。2つ目は介護の現場で看護師が専門職としての役割を十分に発揮できるように手伝いができること。私が会社と現場の看護師の繋ぎ役になって、現場の看護師がイキイキ働いているのを見ることがこの仕事のやりがいです。

アクタガワの施設では、看護師や介護職、理学療法士等の多職種の方が連携を取って働いています。チームワークを大事にしたい方に向いている職場です。また、仕事で困ったことがあっても、スーパーバイザーを始めとしたフォロー体制が整っているので一人で悩むのではなく、協力して問題を解決しています。ブランクがあっても安心して働ける職場なので、ぜひご応募ください。

 

現在募集中の看護師の求人